アクセスカウンタ

山遊会@朝霞

プロフィール

ブログ名
山遊会@朝霞
ブログ紹介
里山からアルプスまで――埼玉県朝霞市を中心とした山の同好会です。毎月第4土曜日に山行。他に月1〜2回臨時で山行があります。現在、男女ほぼ同数で20名くらいの参加者です。年齢を問わず、体のレベルに合わせ健康志向で楽しみませんか。毎月、定期的な会合を行っています。

 日時/毎月第3火曜日 午後6時〜8時30分 
 会場/朝霞市中央公民館・コミュニティセンター 
 会費/山岳保険への加入(年2,500円)が必要です。
 対象年齢/60歳以上歓迎です。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
谷川岳で伝説の道標を確認!
谷川岳で伝説の道標を確認! 谷川岳は山遊会でも数年に一度は登っているという山です。かつでは“魔の山”と呼ばれ、登山事故死者数のギネス記録の山だそうですが、安全になった現在でも依然として人気は高いです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/23 15:56
涼しい大菩薩連嶺を気持ちよく歩く
涼しい大菩薩連嶺を気持ちよく歩く 今回の登山は大菩薩連嶺。登山の目標は大菩薩峠と少し先の大菩薩嶺(大菩薩岳)で、日本百名山のひとつでもあります。今回の参加者は9名。うち、女性3人で男性が6名。最近には珍しく女性が少ないです。健脚女子にはものたりない? ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/31 13:16
北岳と間ノ岳を縦走登山
北岳と間ノ岳を縦走登山 8月10日から11日、北岳と間ノ岳という日本第2位、第3位の高峰を縦走登山。参加者は3名でしたが、短い時間にかかわらず南アルプスの絶景も堪能したようです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/17 17:41
蝶ヶ岳から常念岳2泊3日の縦走
蝶ヶ岳から常念岳2泊3日の縦走 8月2日〜4日まで、北アルプスの蝶ヶ岳から常念岳までの縦走登山。参加者は6人。うち4名が女性です。北アルプスにはご存知のように立山、黒部から乗鞍など数々の名山が競うようにそびえていますが、特に有名なのが槍ヶ岳から穂高連峰にかけての峰々と思います。といっても自分が登っている時には山の形は見ることができません。この大パノラマを目の前にできるのが今回登った蝶ヶ岳から常念岳につながる稜線付近です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/15 17:22
下界が酷暑の中、尾瀬・至仏山へ
下界が酷暑の中、尾瀬・至仏山へ 暑い夏が続く中、熊谷で41.1度という最高記録をつくってしまった7月23日に、尾瀬・至仏山に出かけてきました。参加者は10名。早朝4時、2台の車(Sさん、T長老)に分乗して出発。途中、渋滞もなく、午前7時前、尾瀬戸倉に到着しました。晴れ、気温はかなり低いようで(23℃くらい?)湿度も少ないという絶好の登山日和です。バス停の人の話では昨日まではかなり暑かったとのことで、どうも、酷暑の下界より一足早く大気の入れ替えがあったようです。ここから約20分間、大型タクシーで移動。さらに標高をあげて1600メ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/28 14:53
ハプニング連続の大雪山ツアー
ハプニング連続の大雪山ツアー 7月8日(日)から11日(水)まで3泊4日で計画された山遊会の「北海道・大雪山登山ツアー」は、出発前から最後の東京着まで予想外の展開やハプニングの連続でスリルに満ちた刺激的な旅行になりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/14 19:28
下りも長い笹子雁ケ腹摺山
下りも長い笹子雁ケ腹摺山 雁(ガン)とはカモを大きくしたような水鳥のことですが、最近はほとんど見かけることがなくりました(少し前まで新河岸川でうるさく鳴いていたガチョウは雁を家畜化したものだそうです)。秋の終わり頃日本にやってくる渡り鳥で、このときの飛行形態がいわゆるV字型の雁行で、昔の人はこの鳥の渡りをみて季節の流れを感じたのでしょう。この雁が関東地方に飛来するときに当然、いくつもの山々を越えなければなりませんが、そのコースに当たる場所に3つの雁ケ腹摺山という山があり、要するに、雁が飛び越えるときに身体を摺ってしまうほ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/30 18:43
鍋割山で「鍋焼きうどん」
鍋割山で「鍋焼きうどん」 大山に続き今年2度目の丹沢行きで今回は鍋割山。北朝霞駅の始発05蒔19分発で参加は男女10名。約2時間、電車を乗り継いで小田急線・渋沢駅に到着。丹沢山主峰への登山口のようで、連休初日ということもあってか駅前からのバスも超満員。登山道出発点の大倉バス停までは15分くらいで到着しましたが、朝霞からここまでほぼ立ち通しです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/01 12:31
「稚児落し」は何処だ! 岩殿山登山
「稚児落し」は何処だ! 岩殿山登山 4月最初の登山は山梨県大月市にある岩殿山。桂川(相模川)を挟んで大月駅の眼前にそびえる岩山であることは知っていましたが、ここは戦国期から江戸時代まで武田氏など有力武士団が造った堅固な砦の旧跡でもあります。周囲すべて絶壁・隘路のため非常に堅固な城として知られていました。この山で有名なのは子供や女性が落ちたという伝説のある「稚児落し」と呼ばれる断崖上の細道で、今回はこの断崖を目標にしての登山でもありました。岩登り好きなメンバーは期待(?)していたかもしれません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/18 11:37
雪の残る相模大山を楽しく登る
雪の残る相模大山を楽しく登る 「相模大山」は信仰の山として有名です。その三角形の端正な姿が相模湾から遠望できることから船乗りや漁民の航海の守護神となり、さらに農民にとっては雨を降らせてくれる阿夫利神社信仰の総本山として深い信仰を集めてきました。江戸時代以の観光地です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/27 09:52
壮麗な神社から筑波山に登る
壮麗な神社から筑波山に登る よく晴れた日には自宅のベランダからも東南の地平線に青く澄んでじつにきれいに視界に入る筑波山。2つのとがった峰が印象的で一度見たら忘れられません。高い建物のなかった江戸時代にはどこからもよくみえたようで、廣重の風景画をはじめ多くの浮世絵に描かれています。富士山と並ぶ強力なランドマークだったようです。標高の一番低い百名山でもあります。今回(2018/02/24))の登山はこんな筑波山です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/01 13:54
奥武蔵―謎の地名と古寺のコース
奥武蔵―謎の地名と古寺のコース 冬になると、雪山はもちろんのこと、あまり高い山には登らない山遊会。今回の山行は奥武蔵の鼻曲山です。鼻曲山ってどこだと『山と高原地図』で探すとけっこう大きな文字で出ていますが標高が出ていません。?ということで期待しながらの企画になりました。参加は11名。いつものように北朝霞駅に集合。午前6時すぎ出発。JR、西武線と乗り継いで東吾野駅には午前8時前に当直。駅前のきれいなトイレや大きなコース標識にも山歩きのまちであることがわかります。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/16 14:40
ここは暖かい! 恒例の新年会を熱海で開催
ここは暖かい! 恒例の新年会を熱海で開催 山遊会恒例の新年会は、毎年、高級リゾートホテルでの豪遊となっていますが、今年は1月28〜29日に静岡県の熱海でした。参加の15名は、大雪の後の記録的寒波というさんざんな朝霞をあとに池袋から送迎バスで目的地に。道中は順調で、早くも11時半頃には豪華ホテルに到着、チェックインできないため、すぐ近くの人工間歇泉を見たあと、まずは食事ということですが、さすがは漁港、歩きまわるまでもなくキンメダイを看板にする店がみつかり、お刺身定食を中心においしい昼食をいただきました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/02/01 18:10
台湾の楽しさを満喫―山遊会の台湾・玉山ツアー
台湾の楽しさを満喫―山遊会の台湾・玉山ツアー 昨年(2016年)朝霞山遊会初の海外山行(香港の山歩き)を実施したのに続き、今年(2017年)は11月26日から3泊4日で台湾の最高峰玉山登山&台北観光を実施しました。玉山は標高3952mあり台湾の最高峰で富士山より200m高い山です。難易度は富士山同程度の山で日本人の登山客も多く人気の高い山です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/10 14:00
高尾山南稜ルートを気持ちよく歩く
高尾山南稜ルートを気持ちよく歩く 東京・八王子にある高尾山はいわずとしれた東京や近県の人たちの憩いの場で、信仰登山に始まる古い歴史を持ちながら、今や観光施設から一歩進んで一大リクエーションスポットに移行している様な気がします。それでも山遊会の人を始め多くの登山愛好家は、手ごろなトレーニングの場あるいは自然を楽しむ機会としてこの高尾山を利用しています。ほとんど毎月のように出かける人もいます。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/12 15:29
雲取山で平将門の「迷走ルート」を楽しむ
雲取山で平将門の「迷走ルート」を楽しむ 12月3日〜4日で雲取山を奥多摩方面から秩父・三峰神社まで縦走しました。参加は7名で女性の方が多い。最近の山遊会はどこでも若い(比較的)女性パワーに圧倒されています。朝霞台5時半すぎの出発で奥多摩駅にはかなり早く着きましたが、タクシーの便がなく、1時間ほど待って定期バスで登山口のある鴨沢バス停に到着。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/07 14:28
絶好の一日、九鬼山に登る
絶好の一日、九鬼山に登る 11月25日、快晴おまけに暖かいという日に山梨県都留市の九鬼山(くきさん)に13人という縁起の良い人数で登りました。6時48分に北朝霞駅を出発、JR大月駅から富士急行直通電車で禾生(かせい)というまことに小さな駅に到着。もうひとつ団体が下車したため、駅のトイレが大混雑でした。真東に堂々とそびえているのが九鬼山のようです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/28 11:32
長瀞・ミカン山で山遊会サミット!
長瀞・ミカン山で山遊会サミット! 11月14日は「埼玉県民の日」だとか。県民ですが、子供の頃こんな祝日はありませんでした。昭和46年に制定されたものなので団塊世代以上の県民はほとんど事情を知りません。それでも山遊会では毎年この日を記念して、毎年、主に秩父地域の手ごろな山を巡る企画を立てています。これはうるわしい郷土愛と称賛されそうですが、一部では東武東上線で割安な記念乗車券を発売するのでもっぱら経済的な理由によるものでないかといわれています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/19 16:09
秋晴れの三本槍岳へ
秋晴れの三本槍岳へ 8月の槍ヶ岳は悪天候でしたが、その後の山遊会の山行は順調にいったようです。9月22日(火)には12名の参加で那須連山の北端にある三本槍岳(1917m)に向かいました。“槍岳”と名前がつくので「3つも槍に登れる!」と色めき立ったメンバーもいたようですが、山名の由来はまったく別で国境を示した槍を立てたとかいうことのようです。そういえば、那須というと栃木県のイメージですが、この山は福島県(旧名は会津)との県境にあります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/29 17:10
槍ヶ岳登山隊、無念の下山
槍ヶ岳登山隊、無念の下山 何回もの訓練登山を行い、準備に万全を期していた山遊会の「槍ヶ岳登山隊(男女8名)」は、8月22日組と23日組の2つに分かれて出発しましたが、なんと、行程2日目で無念の下山となりました。以下は涙々の記録です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/27 14:33
磐梯山で赤トンボと小学生に出会う
磐梯山で赤トンボと小学生に出会う 前回の十二ヶ岳に続き、山遊会の槍ヶ岳登山準備会が目指したのは福島の磐梯山(1816m)です。準備会7人に2人を加えた9名が2台の車に分乗して午前5時に朝霞を出発。今回の最初の目的地は健脚向けの「上州武尊(ほたか)」だったのですが、8月初旬という酷暑の時期を考慮して軽めの山への変更となりました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/08 10:34
十二ヶ岳の断崖と鎖に挑戦
十二ヶ岳の断崖と鎖に挑戦 前回のキャンプに続き、また富士山周辺の山へ。同じく外輪山ではありますが、西湖、河口湖の北にそびえる毛無山と十二ヶ岳です。十二ヶ岳は険しい岩場が有名ですが、ここで、8月の槍ヶ岳登山の計画を立てていただいているT長老のご命令(ご指導?)による「ロープ、鎖の練習」を行うのが今回の目的です。参加者は男女7名、2台の車に分乗です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/22 13:58
山遊会キャンプ同好会、3日間のテント生活
山遊会キャンプ同好会、3日間のテント生活 山遊会キャンプ同好会?は、2017年7月2日から4日まで、富士五湖のひとつ、本栖湖の西岸にある「いこいの森キャンプ場」で3日間のテント生活をしてきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/07/11 15:34

月別リンク

山遊会@朝霞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる